かなり重要!美顔器用のジェルについて

美顔器を購入すると、だいたいは各メーカーの専用ジェルが付いてきます。ほんの数回分くらいの量でしょうか。美顔器そのものは減らないし、大切に扱えば長く使えます。

でも、もちろんジェルは買い足しということになりますね。維持費と言ってはなんですが、非常に良心的に思えます。

美顔器のジェルはとても大切なもので、例えば何も付けていない肌をマッサージしようにも滑りが悪くて摩擦で熱くなりますし、肌表面へのストレスがかかりマッサージどころではありません

美顔器に関しても同じで、伝導性の高いジェルで伝わる振動をスムーズにして効果を高めるとともに汚れの除去と保湿を行います

美顔器の場合、ジェルのように水分と滑らかさの合わさったものがなければせっかくの振動も伝わらない物が多いのではないでしょうか。

電気を入れてもツンツンと痛むだけで余計な刺激だけが肌表面に留まるだけかと思います。

少し前の美顔器には専用のジェルが付いてきて、何故か凄く高いものが数本セットで買わなければなりませんでした。

今は高くても一本3千円くらいのジェルが単品で売られているので良い時代になりました。しかも、この美顔器にはこのジェルでなければいけないという概念もありませんから

しかし、敏感肌の人はあまり冒険しすぎるのも良くないようです。

思えば、敏感肌の人は数ある化粧品会社のの中から色んな商品を試して試行錯誤の末に今の基礎化粧品にたどり着いたと思うのですが、美顔器用のジェルはそれほど数はありません。

まして、たいていのジェルはボディにも使えるような荒削りな品物ですから敏感肌に必ず合うという訳はないのです。

専用のジェルでも合わない場合があるので、あらかじめ数本セットでの購入は避けた方が無難です。

最終手段として精製水とジェル状にする粉末剤のお手製ということも可能です。

中には、美顔器用のジェルは滑りを良くするだけなので水でも構わないという人もいるようですが、確かに水なら伝導性はあるし何も付けないよりは良いのでしょうが、せっかくの美顔器効果をツンツンと痛む刺激を感じるだけになるので好ましくありません

少しでもジェル状に近いものを選びましょう。そして、油分を含んだ乳液などは熱を持つので厳禁です。

どうあれ、敏感肌でない限り専用のジェルを使えば間違いはないのです。

肌のケアをする美顔器も結局はジェルを付けていようと摩擦が起こるのですから、それを少しでも軽減する目的であり、さらに美容成分もたっぷり配合されているのですからお手入れのうちと思って切らさない方が良さそうですね。

おすすめの超音波美顔器にぴったりのジェル

超音波美顔器は今とても人気の美顔器の1つです。しかし超音波美顔器には必ずと言っていいほど、ジェルが必要だというふうに書かれています。

確かに水中で伝わりやすいという超音波の性質を考えると、超音波美顔器にはジェルは欠かせないとも言えそうです。

ジェルといっても特に超音波美顔器に使用するジェルは、肌の水分に近い水分比率を持つジェルのことを指します

ジェルには美容エキスがいろいろ配合されたものと、美容成分は一切配合されていないものがあります。

特に超音波美顔器に使用する場合、美容成分が含まれていないものでも、マッサージ効果やクレンジング効果は十分あるのです。

しかし超音波美顔器は肌細胞の奧に、美容成分をしっかり浸透させる効果があります。

つまり、このときに使うジェルに美容成分が含まれているものを使用した方が、より高い効果が期待できるということなのです。

例えばコラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどの基本的な美肌成分の他にもビタミンCやプラセンタなどがおすすめです。

超音波美顔器に使用するジェルの、口コミランキングを見てもやはりこれらの美容成分がしっかり含まれているものが人気上位を占めています。

その上、毎回使うものなので価格的にもコスパの良いものが人気です。

しかし、あれこれと多くの美容成分がたくさん含まれている、嬉しい効果が期待できそうなジェルもありますが、ここには落とし穴がある場合もあります。

ものによっては単に美容成分を極少量配合し、とにかくたくさんの美容成分の名前をつらねたものがあるのです。しかしやはり効果を得るには最低限必要になります。

多くの種類を入れるより、量がきちんと含まれているということが重要なのです。

そういう意味でも見せかけの、美容成分の豊富なインチキジェルもあるということを知っておきましょう。

だからこそ、多くの人の口コミから本当に高い効果が得られるジェルを選ぶことが必要になのではないでしょうか。

超音波美顔器のジェルなしは危険

美顔器に使うジェルはこんなタイプがおすすめ

美顔器の中でも超音波美顔器には必ずジェルが必要になります。美顔器と肌の間に水分がなければ超音波は肌に伝導していきません。とはいっても水は流れてしまうものです。

そこでほとんどが水でできているジェルを使うことが必要になのです。超音波美顔器に使うジェルには、やっぱりおすすめの人気ジェルがあります。

そんな人気ジェルについてまとめてみましょう。

超音波美顔器に使うためのジェルには、美容成分が配合されているものと、まったく配合されていないものがあります

超音波を肌細胞に伝えるためのジェルなので、マッサージ効果やクレンジング効果が目的の使用の場合はそれで十分と言えます。

しかし、美容成分を肌細胞の奧の方まで浸透させることが目的なら、美容成分配合のジェルを使用するようにしましょう

もちろん価格にも大きな違いがあるので、マッサージやクレンジングに使うときには、価格の低い美容成分無配合のものを使うという使い分けもおすすめです。

超音波美顔器用の人気ジェルには価格が安く水分のみのタイプと、美肌効果の高い美容成分配合のタイプがあります。

超音波美顔器におすすめのジェルに使われる美容成分には、ビタミンC誘導体やコラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなどがあります。

他にもスクワランやEGF、プロテオグリカンなどそれぞれいろいろな美容成分が含まれているジェルもあります

特に超音波美顔器を使うことで、水分のみにしても美容成分にしても、すべて肌細胞の奧深くに浸透することができます。

つまり悪い成分も危険成分もすべて浸透してしまうということなのです。ジェルを使うときには内容はとても注意することが必要になります。

例えば合成保存料、合成着色料、合成香料などいろいろな添加物は要注意です。

もちろん日本では、危険とされる成分は規制があり、使っていい成分でも分量の規制があります。そのため日本の化粧品は安全性が高いと言われているわけです。

しかし、この使っても安全な分量というのは、肌に塗る場合ということであって、細胞の奧深くに入っていくということは考えられていません。

また人によっては塗るだけでもアレルギーなどのトラブル起こることもあり、無添加化粧品の人気も高くなっています。

つまり特に超音波美顔器に使うジェルは、できるだけ無添加成分であることが重要になります。

美顔器に使えるジェルは薬局でも購入できるのか

美顔器に使うジェルというと、やっぱり超音波美顔器の場合になります。

どうしてもジェルがなければ超音波美顔器の効果は一切得られないというものなので、ジェルは必ず必要になります。ほとんど超音波美顔器を購入したときにはジェルが付いてきます。

でも、それがなくなったらどうしたらいいのでしょう。結構価格の高いものもあり、できれば薬局などで安いものを購入したいと思っている人も多いはずです。

その辺のことをもう少し掘り下げてみましょう。

超音波美顔器用のジェルとしては、薬局ではほとんど置かれていないようです。でも美容ジェルはいろいろあるので、それらを代用として使うことができます。

薬局で購入する場合は一般美容ジェルになりますが、選択するときの注意点があります。

超音波美顔器は肌細胞の奧にまで、ジェル成分を浸透させる効果があるため、合成保存料や合成界面活性剤などの合成化学成分配合のジェルを使うと、それらも浸透してしまいます

普通に皮膚に塗ってもアレルギーなどが起こると言われている成分なので、肌細胞の奧に入り込んでしまったらとんでもないことになってしまいます。

そのために良くないとされる成分の配合がないか、きちんと調べた上で超音波美顔器に使用するジェルを選ぶことが大切になります。

無添加という言葉が使われていても、何が無添加なのかということも重要です。

意外と無添加成分を限定して、それを無添加商品とうたっているものもあるので、その辺もしっかり注意することが必要になります。

やっぱりそこまで細かく調べることができないという人は、超音波美顔器専用ジェルを購入するか自分で作ることをおすすめします

自分で作るジェルは価格も安く安全性確かですが、そのたびに作ることになるので、面倒臭いという人もたくさんいます。

そこで超音波美顔器専用ジェルなどは通販購入がほとんどになります。超音波美顔器を購入したときにジェルがついています。

そのジェルを使うなら連絡先など分るので、そこで注文することもできます。

通販のものがほとんどですが、通販なら定期コースなどもあり、結構安くお得に購入することもできるようになっているようです。

美顔器に使う市販のおすすめジェル

美顔器に使う市販のジェルというと、やっぱり質と価格が重要となるのではないでしょうか。特に超音波美顔器に使うジェルは質を重視するべきです。

そのため市販ジェルの条件もいくつかあります。そんなジェルの内容について考えてみましょう。超音波美顔器は美肌効果も高く、とても人気の高い美顔器です。

でもデメリットがあるとすればジェルが必ず必要だということなのです。質の高いジェルを使うと、そのたびにたっぷりのジェルの価格だけでも結構お財布にはこたえてしまいます。

市販のジェルには美容液が配合されていないタイプと、美容液配合のジェルがあります。

美容液の配合されていないジェルはマッサージやクレンジングにおすすめですが、細胞内に美容液を浸透させる機能を使うなら美容液配合のジェルが必要です。そうなるとやはり価格面が気になります。

超音波美顔器は細胞の奧深くに浸透することができるという素晴しい特徴がある反面、逆にどんな成分でも細胞内に浸透してしまうという問題も出てきます。

質の良いジェルでないと添加物や質の悪い成分が配合されている可能性もあり、それらも細胞内に浸透してしまうことになります。

添加物などは肌細胞の内部に浸透してしまうと、アレルギー性敏感肌になったり、アトピー性皮膚炎になったりと、いろいろな危険があると指摘されています。

そのため無添加であり、良質な美容成分配合のジェルでなければ危険だと言えるのです。

本当に信頼できるメーカーのしっかりしたジェルを使うとなると、やはり価格面もそれなりに高くなります。

そこで超音波美顔器専門ジェルメーカーのジェルがおすすめです。市販のジェルは質が良ければ価格も高いというのが一般的です。

しかし毎月購入するという条件などで、割安に購入できる高品質ジェルなど、いろいろなお得なものもあります

口コミなども調べてみると、思わぬお得なジェルを見つけることもできるはずです。

美顔器用のジェルを手作りしてしまう

特に超音波美顔器にはジェルが欠かせません。超音波は美顔器から直接肌に振動を送ることはできないからです

超音波を肌の奧まで伝えるためには、美顔器と肌の間に水を介入させる必要がありますが、水ではそこに止まることができないので、その代わりにジェルを使います。

さて、このジェルを最近手作りしてしまおうという傾向があります。その理由はメリット、デメリットなどを考えていきましょう。

手作りジェルのメリット
超音波美顔器を使用するときには必ず必要だということで、意外とお財布に負担がかかります。でも手作りジェルならとても安くできるというメリットがあります

クレンジングやマッサージ機能を使うときには水だけのジェルで十分です。

また栄養素を細胞に入れ込むなら美容液やビタミンC誘導体、グリセリンなどを別に少し入れて作ることもできます

そのように超音波美顔器の機能に合わせて作ることができるということもメリットです。

また超音波美顔器は肌浸透とはまったく違い、肌細胞の奧深くまで浸透する驚きの効果が魅力の美顔器です。

しかし、これは危険な成分まで、すべて肌細胞に浸透させてしまうという危険もあります。つまりジェルを使う場合は絶対に合成化学物質などは無添加でなければなりません。

安全で無添加というとやはり信頼のおけるメーカーのジェルしか使えません。しかし質の高い物ほど高額だという痛し返しの部分があります。

それを解消することができるのが手作りジェルというわけです。材料費もとても安いし、簡単につくれるところもメリットと言えそうです。

手作りジェルのデメリット
手作りジェルのデメリットは、とにかく使うときに作るということではないでしょうか。作り方は至って簡単ですが、やっぱり毎回作るということが面倒という人には向いていないかもしれません。

しかし、本当に無添加というのは、このように保存ができないのが当然なのかもしれません。

でも、すぐに超音波美顔器を使いたいという人には、質の高い、安全性の高い超音波美顔器専用ジェルがおすすめです。

美顔器専用ジェルの作り方

キサンタンガムは300~400円で購入できます。水は精製水を使いましょう。グリセリンや無添加美容液を少し使うと、美容成分配合ジェルになります

精製水10ml程度にグリセリンや美容液を少量混ぜ、そこにキサンタンガムをぱらぱらと振りかけます。コツは水面全体に均一にぱらぱらと薄く振りかけることです。

まとまって振りかけてしまうと溶けにくいので、指でつまみながらぱらぱらするといいでしょう。

均一に振りかけたら一度混ぜます、それでとろみが少し出てくるので、好きなとろみになるまで少しずつキサンタンガムを入れて混ぜることを繰り返します

なかなか溶けないようなら少し時間がたってからもう一度混ぜれば溶けるはずです。簡単に作れるので使うたびに作るようにしましょう。

分量などはとてもザックリですが、特に決まったものはなく、使いやすい固さにするだけでOKです。気楽に作るようにしましょう。

質のいい無添加美容液などがあればそれを精製水に数滴落とし、そこにキサンタンガムを入れて固めれば美容成分入のジェルができます。

クレンジングやマッサージ効果が目的のときには精製水だけのジェルで十分です。美容成分を細胞内に浸透させたいときには美容液やグリセリンを少し入れるようにしましょう。

 

  

  

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)