イオン導入タイプの美顔器に適した化粧水とは?

イオン導入タイプの美顔器の効果には、老廃物の吸引や肌細胞への刺激などがある中、やはり美容成分の浸透率の高さが一番期待できる効果ではないでしょうか。

イオン導入美顔器を使うと、普通に塗り込む場合の数十倍の吸収力があります。そこでイオン導入美顔器に適した化粧水にはどういうものがあるのか考えてみたいと思います。

まず導入する材料に美容成分をイオン化して、肌の奧まで浸透させることができます。そのために電流を通しやすい成分のものがおすすめです。

例えばクリームなどの油分の多いものは電流が通りにくく、逆に化粧水のような水分が多いものが電流を通しやすいのでおすすめです。

美容成分としては水分に溶けやすく、粒子の細かいものが最適のため、ビタミンC誘導体が向いています

他にもプラセンタやトラネキサム酸、アミノ酸などが、特にイオン導入美顔器には適していると言えそうです。コラーゲンやヒアルロン酸は粒子が大きいのでイオン導入にはちょっと不向きです。

しかしビタミンCはこれらの肌細胞内生成を促進するため、細胞内にコラーゲンなどの美容成分を増やしてくれます。また合成防腐剤や構成香料などの添加物が入っているものは特に注意が必要です。

つまり、それらの成分まで肌細胞の奧深くにまで届いてしまうので、逆にアレルギーなどの原因になってしまいます。合成添加成分無添加のナチュラルな安全化粧水を使うようにしましょう。

イオン導入美顔器に最適なビタミンC誘導体は美肌成分生成促進効果だけでなく、メラニンの原因となるメラノサイトを抑制するので、美白にも紫外線対策にも効果があります

またプラセンタはターンオーバーを改善するためには最高とも言える成分です。肌再生を高めて再生サイクルを早めるという効果は若返りにもおすすめです。

また肌の内部から乾燥を防いで、保湿を高めるための成分にトレハロースがあります。コラーゲンやヒアルロン酸は表面の部分で乾燥を防ぐ効果がありますが、

トレハロースは肌の深いところで保湿を守るため、是非イオン導入美顔器を使うときにはトレハロース成分も欲しいものです。

イオン導入の美顔器に使う美容液ってどんなものがおすすめ?

イオン導入タイプ美顔器を使用する場合は、化粧水や美容液が必要になります。

イオン導入美顔器は必ず水溶性の美容成分配合の美容液などを、コットンやフェイスマスクにたっぷり付けて、その上から美顔器を押し付けながら使います。

そのため化粧水や美容液が必ず必要になりますが、イオン導入美顔器に使う美容液は何でもいいというわけにはいかないのです。

まず肌細胞の中に浸透していくため添加物には注意が必要です。特に合成保存料や香料なども一切無添加のものでなければなりません。

またイオン導入できる美容液成分は水溶性で粒子の細かいものが適しています。逆にクリームのように油性が含まれているものは電流を通しにくいので適しません。

また成分もビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム酸、アミノ酸、フィチン酸、ビタミンHなどはイオン導入にとても適している成分と言えます。

しかしコラーゲンやヒアルロン酸などは粒子が大きいので適していません。このように以外と面倒な条件があります。

そのためにイオン導入美顔器専用の化粧水や美容液を使った方が簡単と言えそうです。



また絶対に危険なものを一切肌に入れないようにしたいなら、粉末のビタミンC誘導体を水で溶かす方法あります。この方法は価格も安く安全と言えます。

ビタミンC誘導体の粉末にもいろいろなメーカーがありますが、化粧水を作るキットが付いているタイプのものは、計算せずに濃度のちょうどいい化粧水がすぐに作れます。

濃度は選んで作れますが5%の濃度の化粧水がいいと言われています。

また美容液をたっぷり使って行うイオン導入美顔器は、美容液や化粧水を結構使うので、あまり高いものではお財布にも響いてしまいます

そんなことからも粉末ビタミンC誘導体で手づくり化粧水はお得です。

ビタミンC誘導体だけでもしっかり肌細胞に浸透すれば、美白効果も美容成分生成促進効果も期待でき、イオン導入美顔器の効果は十分感じられるはずです。

美顔器と化粧水との深い関係

イオン導入美顔器にはビタミンc誘導体が効果的

イオン導入美顔器も今人気の高い美顔器の1つとなっています。

超音波美顔器と間違えられることも多いようですが、実はイオン導入美顔器の効果は微弱な電流を使っています

普通ではなかなか浸透しにくい、ビタミンc誘導体やプラセンタなどの美容成分を、肌の奧に届けることができるというものです。

わたしたちの肌の表面には角質層がありますが、そこは酸性なので陽イオンが多くなっている状態です。

肌の角質層の下にある顆粒層は陰イオンが多く、アルカリ性にバランスを保つようにしています。

角質層と顆粒層の間に電気膜ができ、そのため外からの美容成分などの浸透をシャットアウトしてしまっているのです。

イオン導入美顔器で電流を流すことで、角質層と顆粒層の間が中性となり反発しなくなるため、浸透性を高めてくれます

つまりイオン導入美顔器は、美容成分の浸透を邪魔する力を弱め、効率良く肌細胞の奧まで届かせてくれる効果があるわけなのです。

しかしイオン導入美顔器には使える美容液などが決っている場合もあります。また化粧水や乳液など、自分の気に入ったスキンケアを使うことができるタイプもあります。

特にビタミンc誘導体は、どんなイオン導入美顔器でも使用できる成分となっています。

ビタミンc誘導体というと、ビタミンcを吸収させやすい形にしたものを言います。ビタミンcは、その効果をそのまま肌に浸透させることは難しく、とてもデリケートな成分です。

そこでビタミンc誘導体という形にすることで、普通に使っても浸透率は非常に高まります

イオン導入美顔器とビタミンc誘導体のコンビネーションは最高とも言われるほど、ビタミンcを肌細胞に浸透さえることができるのです。

ビタミンcはメラニン色素を作っているメラノサイトの再生を抑制するため、美白効果も高くなります。

またコラーゲンやヒアルロン酸などの、美容成分生成促進効果もあるので、コラーゲンなどを直接入れるより美容効果は高いと言われています。




イオン導入美顔器のトップページ


【イオン導入美顔器】
エステナードソニックROSE
ツインエレナイザー

 

  

  

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)