タイミングが重要!どういった時に美顔器を使うか

ここでは、どういった時に美顔器を使えば良いのかという事についてご説明したいと思います。スキンケアも絡めてご説明しますので、女性の方必見ですよ!

まずはスペシャルケアとして行う場合です。美顔器はその種類によって効果が違いますが、総じて言えるのは肌に対する効果が高いという事です。

毎日行うスキンケアを通常のスキンケアとした時に美顔器はスペシャルケアと言えるでしょう。肌への効果が高い反面、毎日行ってしまうと肌への負担が大きいという風にも言い換える事が出来ます

美顔器の種類にもよるので、一概には言えませんが、週に1回から2回が肌への負担も少なく良いと思います

ただ、最近の美顔器は肌への負担が少ない製品もあるので、詳しくは美顔器の説明書を読んでください(笑)

そして朝行うべきか夜行うべきか?これも人によって意見はまちまちですが。私は夜に行う派です。

肌の構造上夜寝ている時に肌組織の入れ替えが行われるので、その直前に美顔器で肌を刺激する事によってさらにその機能を高める事が出来ます。

だから私は夜に行う派です。あと朝から美顔器で顔をマッサージするなんていうのは忙しい朝にとてもじゃないけれど出来ません(笑)

あとは自分がしたい時に行うです。美顔器で顔のマッサージを行う際に色々な注意点はありますが、そういった事を最低限守っていれば、自分の好きな時にやってもいいと思います。

この時間帯じゃなければダメ!という事も無いでしょうから。気軽に行いましょう。

美顔器って何のために必要?

こういう時には使わない方がいい!

美顔器は手軽に家でもエステ店の様な効果が出るという事で最近人気が出ていますよね~。

私が若い頃には変なメーカーからしか美顔器なるものは出ていなかったですが、最近では誰もが知っている大手家電メーカーも美顔器を出しているので昔よりもグッと買いやすくなった印象があります。

そんな美顔器ですが、あまり使わない方がいい時というのがあります。それについて説明したいと思います。

まず一つめとしては、肌が荒れている時です。肌が荒れる理由はいろいろありますよね。女性特有の生理期間中だとか、食生活の乱れによるものだとか、様々です。

美顔器は高い効果がある反面肌への負担も高くなりがちです。肌が荒れている時に美顔器を使ってしまうと思わぬトラブルが起きてしまう事もありますので、使用しない事をおすすめします。

また、肌のスキンケアがきちんと行われていない時も同じです。

肌が荒れている時と少し重複しますが、美顔器はスペシャルケアですので、その効果を最大限に発揮する為には普段の基礎的なスキンケアをきちんと行っておかなければなりません

そのスキンケアが正しく行われていない時に美顔器を使った所で効果は薄いですので、あまりおすすめしません。やってもいいですけどね!

私は、スキンケアは毎日行い、美顔器によるマッサージは週2回にとどめています。もう若くないので、肌のトラブルがあると治りが遅くて・・。自分で書いていて少し悲しくなりました(笑)

美顔器の効果的な使い方

家庭用の美顔器は今やとてもコンパクトで使いやすい大きさになり、多額の現金が詰められていそうなアタッシュケースに入った超音波美顔器を引っ張り出す事もなく、炊飯器のような邪魔くさいスチーマーを引っ張り出す事もなく、日々行うケアもそれほど面倒な思いをしなくて済むのではないでしょうか。

しかし、理論は全く変わらず今日に至り、基本的な使い方は変わっていません

大抵の美顔器はジェルを塗って当てると思いますが、そのジェルも理由があるのです。

例えば超音波美顔器は、超音波という電気を流してお肌を活性化させます。その超音波は簡単にいえば音で、その音は水の中や耳を覆った際には違う音に聞こえますね。

超音波美顔器の効果

違う環境を通すと別物に感じるように、肌に超音波を通すためには、まずは肌表面に体内の水分と似たジェル状の物をワンクッション置くということです。

電気を通すには水分が必要で実際、美顔器を当てる際に水だけで良いという人もいますが、それではせっかくの超音波は肌の内側に届きにくくなります

そして、基本的にはお肌の深層部に伝えるものなので骨が近い鼻や額よりも頬といった肉が厚く柔らかい箇所に適していて、骨のすぐ上に振動を与えるとお肌の疲労につながります

肌は毎日古い角質が剥がれ落ちては、下の新しい皮膚が上がってきての繰り返しですが、そこを美顔器でのケアによりハイスピードでターンオーバーを促されます

いくら奥から活性化させると言っても毎日では肌は追い付かず、刺激を過剰に感じた肌は角質を厚く固くしてしまい逆効果となりますので、適度な使用頻度を守りましょう

ボリュームも高ければ高いほど効果が上がるのではなく、自身の肌に合った出力があるので細やかな調節が必要です。

イオン導入も同じく、たくさん美容成分を導入すれば良いものでもなく、長い時間かけたとしても過剰に美容成分が入ることはなく、ただバリア機能を刺激しているだけの状態になり角質の硬化で乾燥やシワを作ります。そうなると、しばらく美顔器の使用は控えなくてはなりません。

EMSに至っては筋肉運動をさせすぎると慣れが生じてしまい効果も低くなり、忘れた頃にまた使おうにも、それこそ面倒に感じて使わなくなるケースが多いです。

それではせっかくの家庭用美顔器の意味がなくなります。

超音波、スチーマー、イオン導入、EMSも、全て持っていたとしても使うのは3~4日に一度で充分なのです。

家庭用で手元にあるとは言え、毎日使うものではないし適度な付き合いこそ良い肌へ導いていくのが家庭用脱毛器なのです。

美顔器のメリットは?

 

  

  

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)